相続税の準備

茶色い一戸建て

亡くなった人から不動産を相続した場合には、相続税の支払い義務が発生する可能性が高いです。課税控除額の合計ががいくらになるのか、また不動産の評価額がいくらであるのかなどによって、支払うことになる税金の額が変わってきます。素人ではそのへんの判断がつきかねるケースが多いので、税理士などの専門家に相談してみるのが得策です。相続税の納税申告書の提出や税金の払い込みは、故人が亡くなってから10ヶ月以内に行う必要がありますから、なるべく急ぐ必要があります。たまに、翌年の確定申告の時期にやればよいのだと勘違いしている人がいますが、それは大きな間違いです。期限までに納税手続きを済ませるようにしないとペナルティを課せられることになっていますので、気をつけなくてはなりません。

亡くなった人から不動産だけではなく有価証券や預貯金も相続したような場合であればまだよいのですが、不動産だけを受け取った場合には、納税資金にあてるお金がなくて困ってしまうことがあります。そのような場合には、相続した不動産を売却して納税資金を作るのが一番です。ただし、先程も述べた通り、納税期限がありますので、のんびりと売却活動を行っているわけにはいきません。できるだけ高値で売却したいと考えるのが当然ですが、良い条件の買主が現れてくるのを待っているうちに納税期限を経過してしまう可能性があります。そうすると延滞税も課せられるようになりますから、出費がかさみます。ですので、相続不動産の売却を希望している場合には、買取保証サービスを提供している業者を利用するのが得策です。